製作・改造なんでもやっちゃう広くて浅い活動日誌

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HIDaspx作ってみた


これまで借り物のAVRライタを使っていたので、そろそろ自分用を持っておこうと思いHIDaspxを作りました。HIDaspxはPCからUSBを介してAVRに書き込むための回路で、PC側に特殊なドライバ等は必要がないのが特徴です。
詳しくは以下を参照して下さい。
AVR/HIDaspx - 千秋ゼミ

今回作った回路も、上のページの中程にある作成例(ver3.1)を参考にさせて頂きました。ただし、ユニバーサル基盤にはサンハヤトのICB-90の片側、要は正方形の小さいやつを使って詰め詰めに載せてみました。それと、せっかくなのでケースも作っておこうということで、100円ショップからブリキの灰皿を買ってきて、側面に穴を開けてみました。

回路は↓な感じです。ケースの加工時はもう集中力がきれてたり、ブリキの穴開けにちょっと苦労したりで、斜めってしまいました…。
カバーを外して上から見たところ


正面は↓な感じ。ブレッドボード用の配線ワイヤーを差して使うことを想定しています。それと、もとから上部にある灰皿の穴は、塞ぎながらも中のLEDが見れるようにしてますが、透明なプラスチックを挟んであるだけです。
正面から見たところ


んー、少し不恰好。ケースだけ作り直すってのもありかな。


AVRマイコン活用ブック―わかるマイコン電子工作AVRマイコン活用ブック―わかるマイコン電子工作
松原 拓也

電波新聞社
売り上げランキング : 87003

Amazonで詳しく見る
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://creatornote.blog87.fc2.com/tb.php/34-4ab184fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
100均の物をケースにするのもよさそう。 ブリキの加工ってどうやるとうまくできるんだろう? あと、絶縁どうしてるんだろう?
2011/05/16(月) 00:05:50 | pligg.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。