製作・改造なんでもやっちゃう広くて浅い活動日誌

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dropbox
CUIしか使ってないようなサーバー用途等のLinuxにDropboxをインストールする方法です。予め必要なのはPython 2.x (2.5以上 3.0未満)です。

サーバー用途のLinuxなら既に入っていてもおかしくないですが、Pythonが入っているか一応確認しておきましょう。
コマンドラインで以下のように入力し、2.5以上のバージョンが返ってきたらOKです。
$ python -V
もし入っていなかったら、例えばUbuntu系のLinuxであれば
$ sudo apt-get install python
でインストールして下さい。

Pythonの他にDropboxに必要なのは
https://www.dropbox.com/download?dl=packages/dropbox.py
にあるdropbox.pyだけです。
ただし、実際のファイルはリダイレクトされて別の場所にあるので、wget等でダウンロードするのであれば
$ wget http://linux.dropbox.com/packages/dropbox.py
として下さい。

dropbox.pyのダウンロード後は、
$ python dropbox.py start -i
でインストールが開始します。ルートになる必要はありません。
途中、In order to use Dropbox, you must download the proprietary daemon. [y/n]と聞かれますが y で答えましょう。インストール後には、自分のホームにDropboxというフォルダが作られているはずです。

インストール後は
$ python dropbox.py start
でプログラムが起動します。
初回に限りhttps://www.dropbox.com/cli_link?host_id=○○○○ といったURLが表示され、ブラウザでアカウントの設定を行います。アカウント設定後、同期が始まります。

最後に…
まだDropboxを使っていないという方は、こちらから登録をして頂ければ私の紹介ということで通常の2GBに250MB増えた状態で始めることが可能です。よろしければどうぞ。
Dropboxに登録する


クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まったクラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
野村総合研究所 城田 真琴

東洋経済新報社
売り上げランキング : 19932

Amazonで詳しく見る
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://creatornote.blog87.fc2.com/tb.php/25-aecba3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。