製作・改造なんでもやっちゃう広くて浅い活動日誌

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LG Optimus One P500 を日本語化」で説明しきれなかった、P500をAndroid 2.3.3にアップグレードした場合のルート化と日本語フォントの導入方法を説明します。
How to Root Lg Optimus one P500 Android 2.3.3 Gingerbreadを参考にさせて頂きました(英語のサイトです)。
現状では、PCからUSB経由で操作してルート化するしかないようです。

実際に試す場合、不具合が生じても責任を負いかねます。自己責任でお願いします。

用意するもの
1. Android 2.3.3にアップデートしたP500(バージョンはsettings -> About phone -> Android version から確認できます)
2. P500のUSBドライバの入ったPC(Android 2.3.3へアップデートする時に使ったPCで問題ありません)
3. P500用のUSBケーブル
4. android-sdk_r??-windows.zip(??は適当な数字。既にadbが使えるなら必要なし)
5. SuperOneClick (ルート化に必要なソフト。最新版を使用)
6. DroidSansJapanese.ttf (適当な日本語フォントファイルでも可)


adb (Android Debug Bridge)のセットアップ
1. ダウンロードしたzipをわかりやすい場所に解凍(android-sdk-windowsというフォルダが出来ているはず)
2. フォルダ内のSDK Manager.exeを実行
3. 初回起動時に表示されるChoose Packages to Installというウィンドウから、「Android SDK Platform-tools」的な名前のものにチェック(他は必要ないのでチェックを外しても良し)
4. android-sdk-windowsフォルダ内のtools,platformtoolsにパスを通す
例: Windows XP Cドライブ直下にandroid-sdk-windowsフォルダを作った場合
コントロールパネル -> システム -> 環境設定 -> 環境変数 から環境変数ウィンドウを開き、システム環境変数のPathの値の末尾に
;c:\android-sdk-windows\tools;c:\android-sdk-windows\platform-tools
と入力
5. PC再起動


ルート化手順
1. SuperOneClickをわかりやすい場所に解凍
2. P500のUSBデバッグモードを有効(settings -> application -> development よりUSB Debuggingにチェック)
3. P500をUSBでPCに接続。USBストレージモードになった場合、ハードウェアの安全な取り外しから取り外しをクリック。(USBケーブルは繋いだまま)
4. PCのコマンドプロンプトを開く(ファイル名を指定して実行 -> command)
5. 以下のように入力
adb devices
adb shell
echo 1 > /data/local/lge_adb.conf
6. 1で解凍したフォルダから、SuperOneClick.exeを実行
7. ExploitをpsneuterにしてRootを実行(同時にsu, busybox, Superuserがインストールされます)
8. P500を再起動。SuperuserをAndroidマーケットからアップデート


日本語フォント導入手順
1. ルート化手順と同様にP500をPCに繋ぎPCのコマンドプロンプトを起動
2. 以下のように入力し、root化が成されていることを確認
adb root
3. 以下のように入力し、書き込み制限を解除
adb shell
mount -o rw,remount /dev/block/mtdblock3 /system
4. 日本語フォントファイルを/system/fontsにコピー
例1. DroidSansJapanese.ttfがsdcardに入っている場合
cp /sdcard/DroidSansJapanese.ttf /system/fonts/
例2. DroidSansJapanese.ttfがPC上にある場合
exit
adb push C:\DroidSansJapanese.ttf /system/fonts/

5. P500再起動

お疲れ様でした。


LG P500 Optimus One【アンドロイト2.2゙搭載のシムフリースマートフォン】LG P500 Optimus One【アンドロイト2.2゙搭載のシムフリースマートフォン】


LG

Amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
LGのP500をAndroid 2.3.3にアップデートする方法です。
Android 2.3.3 Gingerbread Official Update for Lg Optimus one P500 [Installing Guide] を参考にさせて頂きました(英語のサイトです)。
アップデートはP500単体ですることは出来ず、PCが必須になります。
また、日本語のOS、ツールは用意されていませんので、英語のものを使用しています。
何やら多少バグが残っており、絶対に安全とは言いきれないようですので、自己責任でお願いします。

Android 2.3 にすると何がいいかというと、バッテリー管理が向上したりゲームでの反応が良くなったりするようです。
(参考 Android - Wikipedia)

まず準備として、
1. P500用 Android 2.3.3 公式ROM(V20E_00.kdz)をダウンロード
2. ファームウェアアップデートソフト(KDZ_FW_UPD_EN.zip)をダウンロード
3. P500用USBドライバがインストールされたPCと、少なくとも80%は充電されているP500を用意
4. P500用のUSBケーブルを用意

3. のUSBドライバに関しては、P500購入時に本体に付属していたmicroSDカードの「LGPCSuiteIV」フォルダ内にあります。
microSDカードが無い場合は、Product Support for LGP500のDownload LG Mobile Support Tool to PCからダウンロード可能なはずです(未確認)。

では実際にAndroid 2.3.3にアップデートをしていきます。
1. ダウンロードしたKDZ_FW_UPD_EN.zipをわかりやすい所に解凍
2. 解凍して出来たフォルダ内のmsxml.exeを実行、インストール
3. P500のUSBデバッグモードを有効(settings -> application -> development よりUSB Debuggingにチェック)
4. P500をUSBでPCに接続。USBストレージモードになった場合、ハードウェアの安全な取り外しから取り外しをクリック。(USBケーブルは繋いだまま)
5. 1で解凍して出来たフォルダから、KDZ_FW_UPD.exeを実行
6. Typeを3GQCTに設定
7. PhoneModeをDIAGに設定
8. KDZファイルとして最初に用意したV20E_00.kdzを設定
9. Launch software updateをクリック。アップデート開始
10.アップデート中、P500が「Emergency mode」になるが正常動作なので放置
11.アップデート完了まで数分待機
12.アップデート完了。初回起動時はAndroidロゴの状態で数分待たされるので、気長に待機

アップデート中はプログラムを停止したりUSBケーブルを抜いたりしないで下さい。
初期設定の後、settings -> About phone から、Android versionが2.3.3、Software versionがLG-P500-V20eになっているのが確認出来ます。


LG P500 Optimus One【アンドロイト2.2゙搭載のシムフリースマートフォン】LG P500 Optimus One【アンドロイト2.2゙搭載のシムフリースマートフォン】


LG

Amazonで詳しく見る
LG P500の日本語化にあたり、日本語入力、システムの日本語化、日本語フォントの導入について説明します。

LG P500 日本語化


日本語入力に対応させる
メールやブラウザで日本語が入力出来るようにします。

1. Androidマーケットより、以下のいずれかをインストールする。
OpenWnn Plus
Simeji
どちらも日本語入力を整えてくれるフリーの優れたソフトです。
どちらを選ぶかは好みの問題です。決められない場合はひとまず両方インストールしても問題ありません。

2. 「Settings」を開き、「Language & keyboard」を選ぶ。
この中の「Text settings」で先程インストールしたOpenWnn PlusもしくはSimejiのチェックボックスにチェックを入れて下さい。

3. メールやブラウザ等、適当なアプリを開き、文字入力が可能な箇所を長押しする。
「▼Edit text」というメニューが出てきたら、「Input method」を選び、OpenWnn PlusもしくはSimejiのラジオボタンにチェックを入れて下さい。

以上で日本語入力環境が整います。



システムのロケール(言語設定)に日本語を追加する
1. Androidマーケットより、Morelocale2をインストールする。

2. メニュー画面よりMorelocale2を起動し、「Japanese(Japan)](システムの言語設定によっては表示が違う場合もあり、とにかく日本っぽいもの)を選択する。

以上でシステムが日本語化されます。
一部のアプリやエラーメッセージが日本語化します。
ただし、完全ではないようで、Settings等は英語のままだったりします。



日本語フォントを追加する
(注:root化が必要です。何を言っているかわからない人は手を出さないで下さい。自己責任でお願いします)

P500はデフォルトの状態では日中韓の文字がまとまった軽量フォントを使用しているため、一部の文字が見慣れない形をしています。そこで、日本語フォントをインストールします。

1. 予め必要なものとして、
・Andoroidマーケットより「Connect Bot」等、端末をCUI操作できるもの、BusyBoxをインストール
・SDカードにDroidSansJapanese.ttfをコピーする

BusyBoxは基本的なUnixコマンドをインストールするアプリです(ルート化必須)。
DroidSansJapanese.ttfの入手方法はググって下さい。好きなフォントのファイル名をこれにするのでも可。

2. 「Settings」を開き、「Applications」の「Unknown sources」のチェックボックスにチェックを入れる。

3. P500のファームウェア(Settings -> About phone -> Software version より確認可)がV10e以前の場合
→ z4root.1.3.0.apk をSDカード経由でインストール ・ リブート
P500のファームウェアがV10eの場合
→ GingerBreak-v1.20.apk をSDカード経由でインストール -> アプリ起動 -> Root Device ・ リブート
P500のファ0ムウェアがV20eの場合(Andorid 2.3.3の場合)
→ 以降はこちらの記事を参考にして下さい

この辺りの詳細はより詳しいサイト等で確認して下さい。
一応注意として、場合によっては時間がかかりますので、電池切れに注意し、アプリの動作中に勝手な行動を避けて下さい。

4. ルートが取れていたらBusyBox installerを起動し、インストールする。

5. Connect Bot等を用いてSDカード上のDroidSansJapanese.ttfを /system/fonts/ にコピーする。


su
cp /sdcard/DroidSansJapanese.ttf /system/fonts/

6. 再起動して日本語が見慣れたものになっていれば成功です。


# どうでもいい話
# SDカードの抜き差しが面倒だという場合は、Dropbox経由でコピー、インストールしても問題ありません。

# プロポーショナルなDroidSansJapanese.ttfを入れるとOperaの日本語が崩れるんだけどどうしたものか。


LG P500 Optimus One【アンドロイト2.2゙搭載のシムフリースマートフォン】LG P500 Optimus One【アンドロイト2.2゙搭載のシムフリースマートフォン】


LG

Amazonで詳しく見る
少し古めの中華アンドロイドパッドを買ってしまい、それがAndoroid1.5だったりした日には対応アプリが少なくて、何かと苦労することもあると思います。
ということで、独断と偏見でおすすめ無料アプリをまとめてみました。ジャンルやコメントは私的メモな感じです。
一部のアプリはアンドロイドマーケットで公開されていませんので、公式サイトの指示に従って下さい。

このページのQRコードは↓です
このページのURL


日本語入力
OpenWnn plus for CupcakeOpenWnn plus for Cupcake

フリック入力ソフト。ソーシャルIME対応で快適
Simeji ClassicSimeji Classic

フリック入力、ケータイ入力等、設定が豊富。こちらもソーシャルIMEに対応

ネット関係
Opera MiniOpera Mini

有名ブラウザ
AnちゃんAnちゃん

2chビューワ
TweetCaster for TwitterTweetCaster for Twitter

Twitterクライアント
端末のスペックによっては設定でバックグラウンドの動作停止を推奨

メール
K-9 MailK-9 Mail

Android標準のメーラーを改良したもの
mod.Emailmod.Email

これもAndroid標準のメーラーを改良したもの。端末との相性があるかも

ファイル操作
DropboxDropbox

PCと同期可能なオンラインストレージ
アストロファイルマネージャーアストロファイルマネージャー

アプリのバックアップも出来るファイルマネージャー
AndExplorerAndExplorer

アストロファイルマネージャーよりも軽くてサクサク動いて快適

メモ
EvernoteEvernote

PCと同期可能な多彩なメモアプリ
Color NoteColor Note

メモ帳アプリ。ノートの色を変えれたり、チェックリストが作れたり
AK NotepadAK Notepad

シンプルなメモ帳アプリ

書籍
縦書きビューワー縦書きビューワ

Android 1.5でも使えるテキストビューワ。端末から見つからない場合はこちらの記事を参照
COMICROID FreeCOMICROID Free

Andoroid 1.5でも使える漫画ビューワ。zipやrarにも対応。端末で公式サイトから直接ダウンロードを

カメラ・写真
QRコードスキャナーQRコードスキャナー

QRコードをカメラで読み込むアプリ。端末によって相性があるかも
FxCameraFxCamera

色々なエフェクトをかけられるカメラアプリ
SilentCamSilentCam

シャッター音の出ないカメラアプリ
PicSay - Photo EditorPicSay - Photo Editor

写真を簡単に加工するソフト

メディア
MixZing Media PlayerMixZing Media Player

シンプルな音楽、動画再生アプリ。アルバムアートのの表示等が可能
iSyncr LiteiSyncr Lite

iTunesと同期します。Windows用とMac用があり、無料版は20曲までの制限

生活
ジョルテジョルテ

カレンダー。Android1.5では機能制限があるため、Googleカレンダーと同期できない(?)
FinancistoFinancisto

家計簿アプリ
単位換算 - Convertpad単位換算 - ConvertPad

いろいろな単位を換算できる便利アプリ
地図ロイド地図ロイド

国土地理院の電子地形図、Yahoo地図、Google地図、その他にアクセスできる地図アプリ。公式のGoogle MapアプリがAndoroid1.5にはインストールできないので重宝
Google Sky マップGoogle Sky マップ

星を見る時のお供に。簡単プラネタリウムにも

学習
RealCalcRealCalc

使いやすい関数電卓
aDiceaDice

PDIC辞書ビューワ。PDIC形式の英辞郎を使いたい時などに
ワペディア:モバイルウィキワペディア:モバイルウィキ

ウィキペディア用アプリ

ツール
Gmote 2.0Gmote 2.0

端末からPCを操作したり、音楽を再生するアプリ
Auto Wifi ToggleAuto Wifi Toggle

Wifiを自動でオン・オフするアプリ。電池を無駄を無くせるかも
Folder Organizer liteFolder Organizer lite

アプリをフォルダ分けしたりするアプリ。無料版は広告有り

ゲーム
Unblock Me FreeUnblock Me Free

iPhoneやAndroidではそこそこ有名なパズルゲーム。スペックによっては厳しいかも
Paper TossPaper Toss

こちらもiPhoneやAndroidではそこそこ有名な暇潰しゲーム。これもスペックによっては厳しいかも
ブロックパズルブロックパズル

パズルゲーム。はまる面白さ。問題数はたくさんある




iRobot / iPad風 タッチパネル搭載 7 inch タッチパネル型 タブレットPC iRobot [タブレットPC][7インチTFT LCD][OS:Google Android1.5] [WIFI][webcam]iRobot / iPad風 タッチパネル搭載 7 inch タッチパネル型 タブレットPC iRobot [タブレットPC][7インチTFT LCD][OS:Google Android1.5] [WIFI][webcam]


逸品の代理人
売り上げランキング : 23608

Amazonで詳しく見る

Android搭載のタブレットやパッドの活用法として、書籍の閲覧があると思います。
ところが、それがAndroid1.5だとあまりソフトが見当たらないんですよね。

しかし、日本語EPUBや青空文庫テキストを表示してくれる有名ソフトに、「縦書きビューワ」というものがあり、しかもこれはアンドロイドマーケットの情報を見る限りAndroid1.5にも対応しています。
縦書きビューワ
縦書きビューワ
2SC1815J

ということで早速、Android1.5の入った中華パッド(iRobot Moonse E7001 APad)でアンドロイドマーケットを探してみたんですが…なぜか見つかりません。

仕方ないので、どうにかしてapkファイルから直接インストールする方法を考えてみます。
尚、一部の手法に(他端末の)ルート化を含みます。実際に以下の手法でインストールしようとして、不具合が生じても責任を負いかねますのでご了承下さい。

案1. apkファイルをweb上から入手する

→ 公式サイトでも公開はしておらず、PCではアンドロイドマーケットからダウンロード出来ないので不可。

案2. アンドロイド端末からアプリのバックアップとしてapkファイルをSDカードに移す
→ 手持ちのアンドロイド端末(IS01)では縦書きビューワーがプライベート設定になっていて、アストロファイルマネージャーのバックアップ機能では不可。他の端末なら可能かも。
→ 仮想PCソフト(VirtualBox)を用いて端末を用意してみたが、アンドロイドマーケットに繋がらなかったため不可。

案3. アンドロイド端末をroot化して案2を強行する

このあたりを参考にする。(英語です)

手持ちの端末ではバックアップ出来なかったけど、他の端末なら出来るんですかね。


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)


洋泉社
売り上げランキング : 17493

Amazonで詳しく見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。