製作・改造なんでもやっちゃう広くて浅い活動日誌

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまたまドイツの家電量販店で発見しました。
可変式のAC/DCコンバーター、10ユーロです。

Universal AC/DC Power Adapter


電子工作の試作機とかの電源に超便利そうなんて思っちゃって衝動買いしちゃいました。
Inputは100-240Vの50/60Hzで、Outputは3.0/4.5/5.0/6.0/7.5/9.0/12Vからダイヤルを使って選択可能。
Outputのプラグが自在(付属は6種類)に選べるってのも嬉しい。
Input側のプラグがC型だけど、たしかダイソーで日本のA型に変換するコネクタが100円で売っていたはず。

もっと安いやつもあったけど、それはInputが100Vに対応してなかったんで無視。

しかし、なんで日本では見かけないのかな。
と思ったら…、アマゾンで同じようなの売ってるんだね。でも高い。

海外対応 出力6段階 8種類変換プラグ「マルチACアダプター」海外対応 出力6段階 8種類変換プラグ「マルチACアダプター」


株式会社アズマ
売り上げランキング : 3980

Amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
オーディオアンプについて少し情報を集めていたら、セリア等の100均で売っている「ボリュームあっぷ」という商品は分解が簡単で、しかも使われているアンプは電池2個で動く(動作電圧 1.8V~)というものであることを知りました。

ただ、このボリュームあっぷについて書かれている記事なんかは、例えば下のものでは2009年7月であって、商品の移り変わりの激しい100円ショップではもう売ってないかもしれない……
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/todays_goods/20090701_298649.html

そう思って、家から少し離れた所にあるセリアに行ってみると……

あ、なんか似た雰囲気の商品がありました。
「ボリュームアンプ」というそうです。
ボリュームアンプ


購入してさっそく分解してみると、中の基盤はこんな感じ。
ボリュームアンプの中身

オーディオアンプにはTDA2822Mが使われていて、回路的には「ボリュームあっぷ」と何も変わってないんじゃないでしょうか。

しかし、オーディオアンプとモノラルジャックと電池ケースとスイッチ付きボリューム、これだけでパーツ屋で個別に買ったら300円くらいしますよね。
せっかくだから何かに利用してみようかな。


VOX amPLUG AC30VOX amPLUG AC30


VOX
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。